治療までの流れ

治療を受ける

検査までの流れ

東京でレーシックをするときの流れについて簡単にまとめてみると、最初に東京の病院に予約の電話かメールをします。ほとんどの病院が完全予約制です。初診では適応検査があります。適応検査とはレーシック手術が安全にできるかどうかの精密検査です。角膜の厚さを図ったり、カーブの度合いを調べたりします。コンタクトをしていると角膜の厚さが変化することがあるので、適応検査の一週間くらい前からコンタクトの使用を中止する必要があります。 検査は3時間くらいで終わり、その場でレーシックができる状態かどうか結果が効けます。安全に手術ができると判断されたらカウンセリングを受けて手術のコースを選び、手術日の予約をして帰宅します。

コンタクトから解放される

視力を回復したいならレーシック手術をすることをお勧めします。レーシックをすればコンタクトなしでも日常生活ができます。毎日コンタクトを洗浄する手間が省け、コンタクトを買う費用もカットできます。また、コンタクトの装着によるドライアイなどの眼球へのダメージも防ぐことができます。 東京には低コストでレーシックができる病院が探せば沢山あるので、東京近辺に住んでいる人ならリーズナブルな費用でレーシック手術ができます。10万円以下で手術ができたり、モニター価格でお得になる病院もあります。また、適応検査とレーシック手術が一日で出来る病院もあります。レーシックをしたいけど忙しくて日程の都合がつかないという人にお勧めです。